レッドウィング ロゴ
◆レッド・ウィングがロゴに用いる赤い羽根は、レッドウィング・シティーのシンボルでもあり、市役所など市の施設や地元企業の多くがこの赤い羽根をモチーフとした企業ロゴを使用している。レッド・ウィング社では
1928年『RED WING SHOE』の文字と『赤い羽根』のイラストを組み合わせたロゴを初めて採用。その後、
会社の正式な商標として登録し、現在に至る。
細かなデザインについては、時代やその時代に応じて若干のマイナーチェンジを加え、2007年からは羽の部分の視認性や再現性を高めるために現在のカタチとなる。
ウィンドウを閉じる